私たちシーリンクがロットネスト島へご案内します。

シーリンク社のフェリー“クオッカ1号”は最新型の双胴船で快適なクルーズで皆様をロットネスト島までご案内します。 船内はエアコンが完備されており無料のWiFiも備えております。また船内にて飲み物、軽食等もご購入頂けます。 パース市内からの接続でフリーマントルから出航しロットネスト島への日帰り体験を提供しています。

ここをクリックしてください。

ロットネスト島のインフォメーション

ロットネスト島は自然のサンゴに囲まれ、純白の砂浜と澄んだ美しいビーチを持つ島で島内には塩湖もあります。また島にはフレンドリーなクオッカをはじめ亜熱帯魚、野鳥、アシカ、オットセイ、クジラ、イルカ、爬虫類等様々な野生動物に出会う事が出来ます。ツアーでは鎮座した難破船、第2次世界大戦の軍事施設トンネル、灯台、先住民アボリジニの遺跡、入植者のコテージを見学できます。ロットネスト島では自転車、サーフィン、ウォーキング、遊泳、シュノーケリング、釣り、写真撮影などが人気があります。またパース市内からも近く1日でクオッカに会って美しい島の写真を撮ってくることが出来ます。

野生動物たちとの遭遇

ロットネスト島は世界一幸せな動物と言われているクオッカが唯一生息している島です。ワラビーの近縁種であるクオッカは人間を恐れない珍しい動物です。彼らの方から近づいてくる事もありますが、決して触れたり餌を与えたりしないで下さい。フレンドリーな乗組員にクオッカはどこにいるかお尋ね下さい。きっとパン屋さんの近くで出会えると思います。

国際環境NGOであるバードライフインターナショナルは姫アジサシの繁殖個体数が非常に多い事(200-300カップル)、それに加えムネアカセイタカシギが全体個数の1%未満しか繁殖していない事(2万羽未満)またトウネンとオナガミズナギドリが広く生息していていることからロットネスト島を重要野鳥生息地とみなしています。島の周辺にはオスプレイ(ミサゴ)等の沢山の野鳥が観察できます。サーモンポイントにあるこれらの巣の1つは推定70歳以上とされています。

ロットネスト島沖のパースキャニオンと呼ばれている海域はシロナガスクジラの主要な生息地の一つで毎年9月から11月にかけてザトウクジラが移動する様子を見る事が出来ます。島にはニュージーランドオットセイのコロニーもあり、周辺ではイルカの群れも頻繁に見る事が出来ます。また島の沿岸にはサンゴ礁が広がり、甲殻類や多くの種類の魚また時には雄大に泳ぐエイが寄ってくる事もあります。

島でやるべき、また見るべきこと

• 観光スポットでの写真撮影
• レンタル自転車に乗って島内散策
• クオッカとの遭遇、赤ちゃんとの出会いも
• 澄んだ美しい海岸での遊泳・シュノーケリング – パースよりも温暖です
• バスまたは観光電車での島内ツアー
• 桟橋または船からの釣り
• 遊覧飛行とスカイダイブ
• クジラ、アシカ、オットセイとの遭遇
• 野鳥を観察しながらの沿岸散歩